インビザラインってどうなの? 能代市 秋田 北秋田市 大館市 矯正|ブログ|患者さまに寄り添ったインプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

インビザラインってどうなの? 能代市 秋田 北秋田市 大館市 矯正

インビザラインってどうなの? 能代市 秋田 北秋田市 大館市 矯正

インビザラインってどうなの?


 ネットでインビザラインの広告を頻繁に見かけます。歯科医院のHPを診ると大々的にインビザラインを宣伝しているところがあります。そこで今回はインビザラインに関して解説します。

 

インビザの注意点として以下の8点があります。


  1. 1、抜歯の矯正ができない

  2. 2、歯に何もつけないわけではない。

  3. 3、歯と歯の間を少し削る。

  4. 4、奥歯が噛まなくなり易い

  5. 5、1度ずれたら元に戻せない

  6. 6、長時間必用

  7. 7、ワイヤー矯正より長期間

  8. 8、治療中に虫歯の治療になった場合アライナーの残り全てを新しく作り直す必要がある場合がある。

     

1~8について解説します。

1抜歯の矯正ができない。

 全くできないわけではありませんが、現時点では殆ど不可能です。例外的にできるものがありますが、矯正の仕上がりとしてはギリギリ合格点の仕上がりになります。


2、歯に何もつけないわけではない。

 マウスピースだけの矯正では動かせる範囲に限りがあるので、歯にアタッチメントという突起物を付けてマウスピース単独の力にアタッチメントで力をプラスします。


3、歯と歯の間を少し削る。

 ストリッピング、スレンダリング,IPRなどと呼ばれるもので、エナメル質を少し削りすきまを作りそこにめがけて歯を動かしていきます。

 このIPRは、原理的にはエナメル質の半分なら削っても問題ないと言われています。この半分で問題ないとは何を根拠にしている疑問ですが、まあ、経験的に問題ないということなのだと思います。


 このIPRが曲者で、エナメル質の半分と言っても日本人の歯はエナメル質が薄い人が多いので、IPRで作れる隙間の少ない人がいます。従って凸凹を治しても、出っ歯で終わることがあります。


4、奥歯が噛まなくなり易いのはインビザの特徴でこれを治すにはワイヤーでの矯正が必要になります。大臼歯を動かすには大きな力が必要で更に力の自由度が大切になります。アライナーの力では弱いのです。


5、一度ずれたら元に戻せない。

 1歯のずれなら対応できますが、数本ずれたら新たにアライナーを制作しますので費用が高くつきます。製作までの時間がかかります。


6、長時間装着が必要。

 122時間以上の装着が必要ですから、ずぼらな人や忘れっぽい方にはインビザは不可能です。

7、ワイヤー矯正より長時間必用



インビザの公式サイトにはインビザの利点として以下を挙げてあります。


1、気づかれない

2、違和感が少ない

3、幅広い症例に対応

4、より健康的

5、通院回数を減らせる

6、チェアータイムが少ない


以上の項目に関して私の意見を述べます。

1,6は当たっていると思いますが。2~5は大部分が違うと思います。

2、違和感が少ない。

 ワイヤー矯正でもワイヤーを替えたばかりの時は歯に鈍い痛みがあります。力がかかるからです。アライナーも同じで歯を動かそうとして力を加えますから。痛い筈です。

3、幅広い症例に対応

 これは違います。私たち臨床医(真面目に矯正治療を行っている先生方)はワイヤー矯正でも動きの遅い症例に遭遇します。アライナーで正確に動かせるはずありません。

4、より健康的

 これも違うと思います。歯磨きしやすいから歯磨きするとプラークの残りが少ないから、虫歯歯周病になりにくいと言いたいのでしょうがほんとうでしょうか?

 歯の健康には唾液による再石灰化が必要です。歯茎の健康は唾液による湿潤と唾液中の抗体が必要です。

 アライナーで歯をすっぽり覆われたら唾液が遮られますから再石灰化を遅らします。、唾液の循環が遮られますからは歯茎の上にアライナーが乗れば歯茎(特に隣接面直下の歯茎)に良いものではありません。

 あとがき


 ネットではインビザライン矯正の広告をたくさん見ます。これは口腔内スキャナーを販売している業者と、技工所、コンサルタントが結託してインビザの需要を作り出そうとしているからです。インビザの需要があることで歯科医師に口腔内スキャナーを買わせて技工所とコンサルが儲けようとしているのです。患者の皆さん注意ですよ。歯科医師が主導の治療ではなく業者主導の治療法になっています。治療法としてのエビデンスが無いのに広告を出しています。すぐ廃れますよ。


 以下参考のリンクです。


http://www.jos.gr.jp/news/2019/0605_13.html

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ