ホワイトニング|患者さんに寄り添ったインプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU

ホワイトニング whitening

ホワイトニング

歯磨きや歯のクリーニングでは落ちない、加齢や遺伝、色素の強い飲食物による歯の黄ばみを、歯の表面を削ったり、
溶かしたりすることなく薬剤の力で色素分解し、歯を白くすることをホワイトニングといいます。
ホワイトニングには、歯科医院にて行なう「オフィスホワイトニング」、ご自宅にて行なう「ホームホワイトニング」、
両方を併用する「デュアルホワイトニング」があります。

よつじ歯科のホワイトニングメニュー

オフィスホワイトニング ─当院で行なう安心のホワイトニング

院内で薬剤を歯に塗り、光を当てて行う短時間で白さを実現する方法です。

院内で薬剤を歯に塗り、光を当てて行う短時間で白さを実現する方法です。

スーパーホワイトコース

光を当てて歯を白くするので、歯を削りません。新技術の応用により、低い濃度の過酸化水素を使い、低刺激でありながら高いホワイトニング効果を得られる新しいオフィスホワイトニングです。

スーパーホワイトコース 19,000円

ナチュラルホワイトコース

歯の表面がつるつるになります。この方法は、熱に頼らず光だけでも反応し、実際にしみないようにしたホワイトニングの方法です。唾液中のカルシウムやフッ素も取り込まれ、より歯質が強化されます。
また従来のホワイトニングは白濁したような白さになりやすいのですが、当院のホワイトニングは、白く透明感のある仕上がりになります。

ナチュラルホワイトコースplus 9,000円

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

当院で、歯に過酸化水素をベースにした薬剤を塗り、専用の器機を使って光を当て、短時間で歯を白くしていきます。ホームホワイトニングに比べ即効性があるので、お急ぎの方やお忙しい方、ご自分で行なうのが面倒な方におすすめです。
通院回数は、通常1回(3クールのホワイトニング)ですが、ご希望の白さやご自分のもとの歯の色などによって異なります。まずはカウンセリングでご相談ください。

メリット
・即効性があり、1回の施術でも効果を実感できる
・歯科医師が施術してくれるので安心で、ムラができにくい
デメリット
・高濃度の薬品を使用するため、人によってはしみるといった症状が出る
・短時間で歯を白くしていくので、後戻りしやすい
・保険適用外のため、費用が高額になる場合がある

ホームホワイトニング ─ご自宅で気軽にホワイトニング、白さ長持ち

ホームホワイトニング ─ご自宅で気軽にホワイトニング、白さ長持ち

名前のとおり、ご自宅で日々のオーラルケアに取り入れていただきながら徐々に白い歯へ導きます。
お客様専用のホワイトニングトレー(マウスピース)を作製し、薬剤をトレーに入れて歯にはめて浸透させます。
ホワイトニングの先進国であるアメリカではもっともポピュラーな方法です。低濃度の薬剤で時間をかけてじっくりと漂白していくので痛みもなく、白さを長期間維持できます。

トライアルコース

「ホワイトニングはしたいけど自分にできるか心配」「本当に白くなるのか不安」という方のためのお試しコースです。

シングルコース 15,750円
  1. ・上または下トレー
  2. ・ホワイトニングジェル 1本(追加ジェル1本:3,675円)
ダブルコース 26,250円
  1. ・上下トレー
  2. ・ホワイトニングジェル 2本(追加ジェル1本:3,675円

スタンダードコース

本格的なホームホワイトニングのコースです。

スタンダードコース 33,600円
  1. ・上下トレー
  2. ・ホワイトニングジェル 4本(追加ジェル1本:3,675円

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

最初に当院で、患者さん専用のホワイトトレー(マウスピース)を作製します。その後、ご自宅で過酸化尿素をベースにした低濃度の薬剤をホワイトトレーに入れ、毎日一定時間装着します。じっくりと時間をかけて浸透させるので、オフィスホワイトニングのような即効性がありませんが、白さを長く保てます。ご自宅で、お好きな時間にご自分のペースでホワイトニングを続けられます。
ホームホワイトニングの正しい方法や注意点は、事前にご説明させていただくのでご安心ください。

メリット
・薬剤が低濃度なので安心して続けられる
・時間をかけて歯を白くするので、白さが長く続く
・自宅で好きな時間、自分のペースでホワイトニングを続けられる
・オフィスホワイトニングより費用を抑えられる
デメリット
・薬剤が低濃度なので、効果を実感できるまでに時間がかかる
・1回あたりのマウスピースの装着時間が長い


デュアルホワイトニング ─歯科とご自宅のケアを併用するホワイトニング

歯科医院でのホワイトニングとご自宅でのケアを併用して行います。
まず歯科医院で一気に白くした後、自宅でじっくりホワイトニングケアをしていただくことで、白さを長期間維持できます。

プレミアコース

最新のホワイトニングシステムを使い、一日で一気に白くさせます。その後、ホームホワイトニングしていただくことによりより一層白くし、持続させます。

プレミアコース 54,075円
  1. ・オフィスホワイトニング
  2. ・ホームホワイトニング(上下トレー、ホワイトニングジェル4本)
  3. ・メンテナンスペースト(追加ジェル1本:3,675円

エスティックホワイトコース

ステインクリアなどでお口の中をきれいにした後、スーパーホワイトニングで一気に歯を白くさせます。
その後、ホームホワイトニングで一層白くし、その白さを持続させるためにアメリカで開発された歯磨剤「スーパースマイル」をプレゼントします。

エステティックホワイトコース 61,425円
  1. ・エステティッククリーニング ステインクリアコース フッ素無ペースト
  2. ・オフィスホワイトニング
  3. ・ホームホワイトニング(上下トレー、ホワイトニングジェル4本)
  4. ・メンテナンスペースト

ブライダルコース

ウェディングを迎える方のために、特別にご用意したプランです。

ブライダルコース 67,725円
  1. ・エステティッククリーニング ステインクリアコース
  2. ・オフィスホワイトニング
  3. ・ホームホワイトニング(上下トレー、ホワイトニングジェル4本)
  4. ・ホワイトニング歯磨剤〈ペースト〉

デュアルホワイトニングのメリット・デメリット

デュアルホワイトニングは、白さをより長く保つために、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用していただく方法です。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのデメリットを補い合うことで、白さをより長く保つことができます。

メリット
・持続性と即効性に優れたホワイトニングができる
デメリット
・歯科医院と自宅で行なうので手間がかかる
・オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方の費用がかかる

ホワイトニングコースのご案内

当院イチオシ、スーパーホワイトコース 19,000円
術前、術中、術後のすべてが違います。スタッフ全員がおすすめするほど、白さを実感できます。

ナチュラルホワイトコースplus 9,000円
白さはもちろん、透明感、ツヤがUPします。

効果の違い
スーパーホワイトコース ナチュラルホワイトコースplus
白さ ★★★★★ ★★★★
透明感 ★★★★ ★★★★★
ツヤ ★★★★ ★★★★★

ホワイトニングQ&A

なぜ歯は着色するのですか?

原因はおもに3つあります。
1. 外因性着色(歯の表面の着色)
茶渋など、食べ物の色素が歯の表面に沈着して変色します。たばこのヤニもこれにあたります。着色しやすい食品として、カレー、赤ワイン、コーヒー、紅茶、コーラ、醤油などがあげられます。

2. 加齢、遺伝
年を重ねるごとに歯は着色していきます。また、生まれつき歯が黄色い方もいらっしゃいます。こういう着色はホワイトニングの効果が出やすいです。

3. 薬剤など、歯の内部構造が原因
1970年代にテトラサイクリンという抗生物質がよく使われていましたが、これを母親の妊娠中や幼少期に服用していた場合、歯が茶色やグレーになったり、縞模様ができたりします。また、歯をぶつけたり、歯の病気によって歯の神経が死んだりして変色する場合もあります。

ホワイトニングでどこまで白くなりますか?

元々のご自分の歯の色にもよりますが、オフィスホワイトニングの場合、1時間で「VITAのシェードガイド」で3~6段階分白くなります。
ホームホワイトニングの場合、実施時間、方法にばらつきはありますが、4週間行なえば周りの方が見てもわかるくらい白くなります。

どのくらいの期間、白さを維持できますか?

エナメル質の表面は常に脱灰(リンとカルシウムが溶け出す現象)と再石灰化(溶け出したリンやカルシウムが再生する現象)を繰り返しているため、ホワイトニング終了後、何もしなければ少しずつ後戻りし、2~3年でエナメル質は元に戻ってしまいます。
また、カレー、赤ワイン、コーヒー、紅茶、コーラ、醤油などの食品や、たばこのヤニなどでも再び着色してしまいます。

市販の歯磨き剤で歯は白くならないの?

日本で市販されている歯磨き剤には、ホワイトニングの薬剤は含まれていません(アメリカではドラッグストアで市販されています)。日本で市販されているものは、おもに研磨剤が入っていて歯をすり減らすことによって白くさせるものです。一時的には白くなりますが、かえって着色しやすくなったり、歯を痛めるのでおすすめできません。
ポリリン酸は洗剤や歯磨剤に使われているもので、汚れを取る作用があります。そのため、ポリリン酸単独のホワイトニングであれば、1回目はある程度効果があるかと思いますが、2回目以降はあまり効果を期待できるません。
これとは別にポリリン酸と過酸化水素、触媒を配合したものがあります。これは従来のホワイトニングにポリリン酸が配合されたものですのです。そのため、効果はポリリン酸を単独で使うのに比べ3倍ほどありますが、従来のホワイトニングと大差はありません。

その他の審美的歯科治療メニュー

ガムピーリング・歯肉のホワイトニング(歯茎のメラニン色素除去):25,000円

意外と知られていなことなのですが、気になる歯肉の黒ずみを取ることができます。ガムピーリングすることで歯肉のメラニン色素を除去し黒(茶色)からコーラルピンクになります。薬液を使う方法と炭酸ガスレーザーを使う方法がありますが、シンプルで効果の高い炭酸ガスレーザーをおすすめします。

ホワイトニングの症例集

ホワイトニング症例1

32歳 女性
  • 通院回数 1回
  • 治療費 ¥17,000(税別)

黄色い歯を白くしたいと来院

治療前 治療後

ホワイトニング症例2

28歳 女性
  • 治療期間 2週間 通院回数 3回
  • 治療費 ¥21,000(税別)

歯を白くしたいと来院

治療前 治療後

ホワイトニング症例3

33歳 女性
  • 治療期間 2週間 通院回数 3回
  • 治療費 ¥13,000(税別)

黄色い歯を白くしたいと来院

治療前 治療後

ホワイトニング症例4

32歳 女性
  • 治療期間 3週間 通院回数 4回
  • 治療費 ¥23,000(税別)

変色歯を白くしたいと来院

治療前 治療後

ホワイトニング症例5

25歳 女性
  • 治療期間 4週間 通院回数 5回
  • 治療費 ¥27,000(税別)

変色歯を白くしたいと来院

治療前 治療後
ホワイトニングのリスク・副作用
  • ・ホワイトスポットという歯に白い斑点又は色むらが出現する場合があります。これはホワイトニングによってできるものではなく、もともとあった白い斑点が斑点以外の歯の部分の漂白が進むことで目立つようになったものです。概ね、ホワイトニングの回数が進むにつれて目立たなくなりますが、気になる場合は削って白い詰め物をします。
  • ・疼痛、知覚過敏が発症する場合があります。これも時間の経過とともに症状が穏やかになっていきますがまれに改善が見られない場合があります。その場合神経を取り除く処置が必要になる場合があります。知覚過敏の症状のある方は症状が悪化する場合があります。その場合も神経を取る処置が必要になる場合があります。
  • ・漂泊液が触れた歯茎が漂泊され白くなることがありますが、時間が経つと元に戻ります。
  • ・歯肉の熱感を感じる場合がありますが時間の経過とともに無くなります。