審美的歯科治療|患者さんに寄り添ったインプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU

審美的歯科治療 cosmetic

当院の審美的歯科治療

銀歯をすべて白くすると、10歳若返って見えるといわれています。「銀歯が目立つ」とお悩みの方は、よつじ歯科医院でそのお悩みを解消しませんか?
当院では、「できるだけ削らず・被せず・美しく・自然に」を目指し、自費診療をできる限り低価格でご提供できるよう、努力しています。

セラミックによる治療

きれいで丈夫なE-maxインレー

きれいで丈夫なE-maxインレー

銀色のインレー(詰め物)からE-maxインレーへ交換できます。
E-maxは、高強度ガラスセラミックス(二珪酸リチュウムガラス)のプレステクノロジー技工物です。プレスセラミックともよばれています。安心の日本製であり、従来のセラミックと比べ強度、適合性、審美性にたいへん優れています。
従来のセラミックインレーはセラミックブロックから削り出すものでした。CAD/CAM装置で削り出したセラミックインレーには、適合性、形、色、耐久性、という4つ難点がありますが、これを克服したのがプレスセラミックです。プレスセラミックとは、人の手でワックスを彫刻したものを埋没材に入れ、それを電気炉で焼いて鋳型を作り、溶かしたガラスセラミックをプレスして作るというものです。
そのため、歯とE-maxインレーとのすき間はありません。適合精度が非常に高く、CAD/CAM装置が削り出したインレーより形を細かく作製できます。


削って型どり、セットまで含め33,000円(税別)です。

e-max症例

患者年齢 28歳女性
主訴 銀歯を白く変えたい。
症状 下顎右6番のメタルインレーによる審美障害
治療法 e-maxインレーによる歯冠修復
治療期間 10日
治療回数 2回
費用総額 33,000円(税別)
e-max症例
e-maxインレーによる歯冠修復には以下のような危険性をともないます。修復後に知覚過敏、咬合痛が発現する場合があります。それら症状は大多数が咬合調整により消失、または軽減します。症状が軽減した場合は大多数が時間の経過とともに消失しますが、まれに消失しない場合があります。その際は抜髄処置が必要となる可能性があります。修復された部分は永久的に保証されるものではなく、すべての種類の補綴物と同様に破損、2次カリエスの危険性があります。

フルジルコニアクラウン

「奥歯に白い歯を入れたくても、高額になってしまうためあきらめていた」という患者さんのために、当院では、フルジルコニアクラウンで、しかも低価格で白い歯にできるよう努めています。
ジルコニアクラウンとは、人工ダイアモンドに使われる、ジルコニアで作られた被せ物です。安心の日本製であり、丈夫で人体に無害で、錆びないので虫歯になりにくいというメリットがあります。

当院では、通常の価格相場よりも低価格で自費診療を行なっていますので ぜひ一度、ご相談ください。


銀歯を格安で白い歯に替えよう!フルジルコニアクラウン(削って型採りからセットまで含め33,000円(税別))

フルジルコニアクラウン症例

患者年齢 58歳女性
主訴 銀歯を白く変えたい
症状 下顎左側6,7番のフルメタルクラウンによる審美障害、
下顎右側5番,7番支台歯のメタルブリッジによる審美障害。下顎右側4番のメタルインレーによる審美障害
治療法 フルジルコニアクラウン、フルジルコニアブリッジ、
e-maxインレーによる
治療期間 10日
治療回数 4回
費用総額 198,000円(税別)
内訳 左下6,7番のフルジルコニアクラウン 66,000円(税別)
右下5,7番支台歯のフルジルコニアブリッジ 99,000円(税別)
右下4番のe-maxインレー 33,000円(税別)
フルジルコニアクラウン
フルジルコニアクラウンによる補綴処置、e-maxインレーによる歯冠修復には以下のような危険性をともないます。 修復後に知覚過敏、咬合痛が発現する場合があります。それら症状は大多数が咬合調整により消失、または軽減します。症状が軽減した場合は大多数が時間の経過とともに消失しますが、まれに消失しない場合があります。その際は抜髄処置が必要となる可能性があります。 修復された部分は永久的に保証されるものではなく、ほかのすべての種類の補綴物と同様に破損、2次カリエスの危険性があります。

銀歯を格安で白くしたい方の為に、詳しい説明のスライドを作りました。ご覧下さい。

フルジルコニアクラウンウルトラトランス

フルジルコニアクラウンウルトラトランス

フルジルコニアクラウンがバージョンアップしたものです。従来のフルジルコニアクラウンと比べ透明感がアップしています。
写真は、今までのフルジルコニアとウルトラトランスの比較で、左が従来のもの、右側がウルトラトランスです。透明感が増したので前歯にも使えます。こちらも安心の日本製です。


削って型どり、セットまで¥33,000円(税別)です。

フルジルコニアクラウンマルチ5

フルジルコニアクラウンマルチ5

新ジルコニア素材、マルチレイヤーディスクで制作したフルジルコニアクラウンで、以下のような特徴があります。

・5層レイヤー構造で自然な歯の色調を再現
・マルチレイヤー構造で1100MPaの曲げ強度を実現
・ステインなしでも自然な美しさ

従来のフルジルコニアクランの丈夫さを受け継ぎ、強度と自然で美しい色調の両立を実現させました。
強度があるので臼歯部におすすめで、臼歯のブリッジにも耐えられる充分な強度があります。もちろん前歯にも可能です。こちらも安心の日本製です。


削って型どり、セットまで¥33,000円(税別)です。

E-maxクラウン

E-maxクラウン

前歯、小臼歯に適しています。安心の日本製で、透明感にたいへん優れていて審美的なので、美しい仕上がりが期待できます。

適応例:
前歯の小臼歯の単冠、一歯欠損のブリッジ。


適応できない例:
大臼歯、小臼歯のブリッジ、前歯のブリッジで欠損歯が2歯以上のもの、金属の土台で、クラウンの厚さを確保できない場合(土台が透けて見える)。


削って型どり、セットまで¥35,000(税別)

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

保険診療の前歯のクラウン(被せ物)は、金属にプラスチックを張り付けています。時間が経つとプラスチックの形が変わり、黄(茶)色く変色します。また金属が錆びるので虫歯を発症しやすくなります。
そのような保険診療の前歯の欠点をすべてクリアしたものが、メタルボンドクラウンです。
しかしメタルボンドクラウンは金額が高く、治療をあきらめられる患者さんがたくさんいらっしゃったため、できる限り低価格でご提供させていただきます。
低価格にできる理由のひとつは、使用している金属がCo-Cr合金であることです。医療用のCo-Cr合金は人工関節に使用われる、生体に無害の金属です。形が変わらず、変色せず、虫歯になりにくい美しい前歯が実現します。低価格ですが、安心の日本製です。


削って型どり、セットまで、38,000円(税別)です。

オールセラミック ジルコニアボンドクラウン

オールセラミック ジルコニアボンドクラウン

ジルコニアフレームにセラミックを焼き付けたものです。透明感があり審美性にたいへん優れています。前歯から奥歯までどの部位にも対応します。これも安心の日本製です。


削って型どり、セットまで、73,000円(税別)

グラディア直接充填

グラディア充填治療とは、治療患部にハイブリッド樹脂を充填することで変色した歯に対応できる、次世代の新しい治療といえます。欠けた歯や、歯の隙間も削らずに充填できます。
当院の掲げた「削らない歯科診療」に則った、気持ちのこもった技術をぜひお試しください。
保険診療のプラスチック治療とはまったく別物で、自然に近く体への害が少ないダイレクトボンディング治療です。

グラデイア直接充填の症例 01

患者年齢 42歳女性
主訴 銀歯を白く変えたい。
症状 下顎左右6番のメタルインレー2次カリエス。
治療法 ダイレクトボンディング法によるグラデイア直接充填
治療期間 2週間
治療回数 2回
費用総額 6万円(税別)
グラデイア直接充填の症例 01
左右一番奥から2本は保険の詰め物です。茶色い線と黄色い変色が目立ち、すり減っていることが分かります。矯正治療が終わる時に、銀色の部分だけをグラディア直接充填しました。2年経過しています。充填した部分の変色、茶色い線が見えません。

グラデイア直接充填の症例 02

患者年齢 23歳女性
主訴 虫歯を治したい。
症状 上顎左側3番の唇側エナメル質齲蝕
治療法 ダイレクトボンディング法によるグラデイア直接充填
治療期間 1日
治療回数 1回
費用総額 1万円(税別)
グラデイア直接充填の症例 02
上顎左側犬歯グラディア直接充填。被せないで詰めて元通りにしました。

グラデイア直接充填の症例 03

患者年齢 42歳女性
主訴 銀歯を白く変えたい。
症状 下顎左右6番のメタルインレー2次カリエス。
治療法 ダイレクトボンディング法によるグラデイア直接充填
治療期間 2週間
治療回数 2回
費用総額 6万円(税別)
グラデイア直接充填の症例 03
矯正治療中に銀インレーをグラデイア直接充填にしました。
被せなくても詰めて白くできます。
ダイレクトボンディング法によるグラデイア直接充填には以下のような危険性をともないます。修復された部分は永久的に保証されるものではなく、経年的に摩耗、変色の可能性があります。すべての補綴物と同様に破損、2次カリエスの危険性があります。

大切なのは透明感

大切なのは透明感

表から写っている写真は向かって左から順にジルコニアボンドクラウン、メタルボンドクラウン、フルジルコニアクラウンのマルチ5、フルジルコニアクラウンのウルトラトランスです。

単冠を作る場合

単冠(1歯ずつ被せる)を作る場合、どれを使ってもできます。ですが写真からわかるように、より綺麗にしたい場合は、ジルコニアボンドクラウンかメタルボンドクラウンとなります。歯ぎしりがひどい場合はマルチ5かウルトラトランスでフルジルコニアクラウンが適しています。

ブリッジを作る場合

前歯のブリッジは写真で挙げた4種類のどちらでも可能です。
前歯から小臼歯のブリッジをジルコニアで作る場合、マルチ5が適しています。マルチ5で前歯を作ると、従来のフルジルコニアクラウンと同じ強度で、透明感を得られるからです。
しかし、写真をご覧いただければおわかりになるように、メタルボンド、ジルコニアボンドより透明感が劣るので、前歯をよりきれいに作りたい場合もジルコニアボンドまたはメタルボンドとなります。
次に、前歯から臼歯へつながるブリッジをジルコニアボンドで作製する場合を説明します。
たとえば、ジルコニアボンドで右上5・4・3・2・1のブリッジを作る場合、1・2・3のみジルコニアボンドにして4・5をフルジルコニアクラウンとすることも可能です。
完成したものをお口の中に入れて気に入らなければ、追加で4をジルコニアボンドにすることも可能です。
ジルコニアボンドについては、当院では本数が増えると割引を適用しており、低価格でご提供できますので、こちらも検討されてみてはいかがでしょうか?

ブリッジを作る場合

奥歯のブリッジを作る場合

臼歯のブリッジはフルジルコニアクラウンウルトラトランスを除きすべて可能です。
ですが、症例によって条件が異なりますので、お口の中を拝見してからのお話となります。

ファイバーコア

グラディア直接充填

ファイバーコアは、FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることで、レジンコアの強度を改善する目的で開発された土台(コア)です。ファイバーコア(日本製)、レジンコア土台はすべて無料となっています。FRCは、太さ約10μmのグラスファイバーを束ね、その間に高強度のレジンを含浸・重合させた、支台築造用ポストです。弾性係数は、従来の金属製ポストと比べ象牙質と近似しており、歯のたわみに応じて屈曲しながら応力を分散するため、歯への負担を大幅に軽減します。

メリット:
①従来のコア材料と比較すると、歯根破折のリスクを減らせる
②オールセラミックでの修復と併用すると、透明感のある審美性に優れた仕上がりになる。
当院では、失活歯の安全を考慮するうえで、ファイバーコアは必要不可欠との考えから、無料でご提供しています。

セラミック治療の症例集

e-maxインレー症例

症例1

32歳 女性
  • 治療期間 10日(通院回数2回)
  • 費用(削って型採りセットまで) 左下一番奥(ジルコニア)¥33,000(税別) 左下奥から2番目(e-maxインレー)¥33,000(税別) 3番目(e-maxインレー)¥33,000(税別)

銀歯を白くしたいと来院

治療前 治療後

症例2

27歳 女性
  • 治療期間 11日(通院回数2回)
  • 費用(削って型採りセットまで) e-maxインレー¥33,000(税別)

左下6番近心の隣接面カリエスをe-maxインレーで歯冠修復

治療前 治療後

症例3

48歳 男性
  • 治療期間 14日(通院回数2回)
  • 費用(削って型採りセットまで) e-maxインレー¥33,000(税別)

右上6番インレー2次カリエスをe-maxインレーで歯冠修復

治療前 治療後

症例4

42歳 女性
  • 治療期間 14日(通院回数2回)
  • 費用(削って型採りセットまで) e-maxインレー¥33,000(税別)

左下6番の遠心隣接面カリエスをe-maxインレーで歯冠修復

治療前 治療後

症例5

40歳 男性
  • 主訴 前歯を治したい
  • 症状 上顎前歯の歯ぎしりによる咬耗
  • 治療期間 10日(治療回数2回)
  • 費用 152,000円(税別)

上顎両側中切歯、側切歯をフルジルコニアクラウンウルトラトランスによる補綴療法


解説:真ん中2本と向かって左の側切歯は神経を残したままの補綴が可能でした。透明感が素晴らしく綺麗に仕上がりました。向かって右側の側切歯は金属の土台が入っているので透明感が発揮できないままの補綴となりました。金属の土台を外してファイバーポストにすれば他の3本と同様の透明感が再現できるのですが、残念ながら金属の土台が大きく、外してファイバーポストに交換すれば歯の寿命を縮ることになりかねません。そこで金属の土台のまま補綴しました。

治療前 治療後
e-maxインレーによる歯冠修復のリスク・副作用
  • 修復後に知覚過敏、咬合痛が発現する場合があります。それら症状は大多数が咬合調整により消失、又は軽減します。症状が軽減した場合は大多数が時間の経過とともに消失しますが、まれに消失しない場合があります。その際は抜髄処置が必要となる可能性があります。修復された部分は永久的に保証されるものではなく、全ての種類の補綴物と同様に破損、2次カリエスの危険性があります。

ガムピーリング症例

症例1

34歳 女性
  • 治療期間 2週間(通院回数2回)
  • 治療費 ¥25,000(税別)

歯茎の黒ずみを取りたいと来院。炭酸ガスレーザーを使用したガムピーリング

治療前 治療後

症例2

45歳 男性
  • 治療期間 2週間(通院回数2回)
  • 治療費 ¥25,000(税別)

歯茎の黒ずみを取りたいと来院。炭酸ガスレーザーを使用したガムピーリング

治療前 治療後
ガムピーリングのリスク・副作用
  • ・ガムピーリングの効果は個人差があります。一度で完全に色素を除去できない場合があります。その場合複数回おこないます。ピーリング直後は増すが切れると歯茎の灼熱間、軽い痛みが出現する場合がありますが、数日でなくなります。
  • ・ガムピーリングの効果は永久的なものではなく数年すると戻る場合があります。