抜歯と言ったのに、信じてくれなかった患者|ブログ|患者さまに寄り添ったインプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

抜歯と言ったのに、信じてくれなかった患者

抜歯と言ったのに、信じてくれなかった患者

 歯科医院選びに役立つ話

 こんな患者さんが来院しました。

4年ほど前にある患者さんが初診で来院しました。その時のデンタルX線写真です。歯の調子が悪いということで当院を受診されました。


 これを見ると歯科業界の関係者ならば誰が見ても保存不可能だと判る筈です。虫歯が深くて、根の半分以上脱灰が進んでいます。感染象牙質は更に深いところ目で進行していますから、保存できません。抜歯です。このまま放置すると周囲の歯槽骨が痩せて、両隣の歯の寿命が短くなると説明しました。、抜歯の後はブリッジ、義歯、インプラントの3つの治療法がある、何もしないのも一法である、と説明して、当日抜歯するかどうか伺いました。


 すると、今日は用事があるから次回ということで、予約は都合がつき次第連絡するからその時に抜歯の予約を取ると言い残して医院を去りました。


 3か月後、抜歯してくれと予約が入りました。

下のデンタルX線写真は再来院時のものです。

抜歯と言ったのに、信じてくれなかった患者

 レントゲン撮影で確認しました。私はそのレントゲン写真を見て呆れてものが言えませんでした。実際患者に何も言わずに患者も私には何も言いませんでした。


 ところが、患者は従業員には話していました。


 ある歯科医院を受診したら残せると言われて治療したのだそうです。治療したけど調子が悪く膿が出るし腫れるので、抜歯を希望し当院へ戻ってきました。歯槽骨の吸収が進行したのが分かります。抜歯後は1番の歯根が口腔内へ少し露出していました。


 いろいろな歯医者がいますが、残せるといった歯医者を患者はどのように思ったのでしょうか?私からすれば、残せると患者に断言し治療した歯医者は、恐ろしい歯医者です。


 当院を受診して抜歯と言われて、他院を受診しそこで『残せる』と言われたときは、患者は私をどのように思ったでしょうか?


きっと、残せる歯を抜いてインプラントで儲けようとする金儲け主義のとんでもない悪い歯医者だと思ったでしょうね。


世の中悪い人が多いし、私も詐欺に遭ったことありますから、私を詐欺師と思っても、患者を責めることも皮肉も言ってはいけません。


 


 

抜歯と言ったのに、信じてくれなかった患者

 インプラント治療終了後3年経過の写真です。ネジ山一つ骨吸収が進んでいます。歯ぎしりを警戒して経過観察中です。


 抜歯後4か月でインプラント埋入し、その6か月後にメタルボンドクラウンの上部構造が入りました。治療費総額25万円(税別)でした。

インプラント治療には以下のようなリスクを伴う可能性があります。

一時的な唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒ、近接歯牙・顎・上顎洞・鼻腔に対する炎症・疼痛・過敏症・組織治癒の遅延及び顔面部の内出血、傷口の腫れ。
※インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
免疫不全や1型糖尿病になることでインプラントの耐久年数は下がります。ホルモン治療や放射線治療を受ける方も同様です。

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ