2020年歯列矯正の総括並びに2021年の展望|ブログ|患者さんに寄り添った歯列矯正、インプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

2020年歯列矯正の総括並びに2021年の展望

 2020年末は世の中コロナ騒動で経済活動が停滞しています。飲食店、宿泊業者、の方大変だと思います。大変な一方でテレビで取り上げない業績好調な会社があるわけです。食品関連などは業績好調です。ホームセンターも売り上げ好調な筈です。本当にマスコミは偏向報道していると思います。

地方で農業をやっている方、地方で地元住民を相手に小さく仕事をしている方は飲食、宿泊を除きコロナの影響が少ない方が沢山いる筈です。コロナが落ち着いたら農業に転職する人が増えるのではないか?と予想しています。

 2020年は当院のような地方で開業している歯科医院はコロナの影響が少なく、地方で開業して良かったと思える年でした。歯列矯正の新患も増えまして、平日でも矯正患者で予約が埋まる状況になりました。ありがとうございます。

 2020年も技術的な改良、改訂が行われさらなる品質向上がなされました。
各ステージで発見があり改良がなされました。StageⅠにおける叢生の除去犬歯小臼歯の移動方法、トルクのかけ方、ローテーション治し方等です。
舌側矯正ではフジタのブラケットからClippyLへ変更,ワイヤーもエルジロイからGUMmetalへ変更しました。

2021年は唇側のブラケットにセルフライゲーションブラケットを導入します。これにより治療時間が短縮できる予定です。

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ